秋田、いや日本を牽引する江戸料理

かつて目白の老舗太古八は、正統派江戸料理という文化を確立した日本で唯一と言っていいほどの存在であるが、その魂を承継し、地元秋田で紹介制の正統派江戸料理を始めたのが高村宏樹さん。

日本料理たかむらを味わうためだけに、全国からフーディ達が秋田に集まってくる。

高村さんのスペシャリテといえば、やはり比内地鶏の首皮で作るソーセージ。

備長炭で火を入れ、高村さんのためだけに飼育された比内地鶏の各部位をミンチにし、首の皮に詰めて焼く。これが様々な食感と旨味が詰まっており、他では絶対に味わえない逸品なのです。

シンプルな品から、遊び心ある品まで、全く客を飽きさせず、価格もリーズナブル。予約が取れないのも納得です。