老舗のソース系うな重

西の野田岩、東の尾花と聞くほど、都内では有名な尾花。

関東風であれ、関西風であれ、養殖うなぎのうな重は、そのふっくらとした身を楽しむタイプと、身にしっかりタレを染み込ませ比較的身を引き締めて白米との一体感をソースのように楽しむタイプがあると個人的には思う。

尾花は、まさしく後者のタイプだ。

以前藤沢のはま吉という鰻屋で食べたタイプととても似ていたのだが、はま吉の店主曰く尾花出身なのだそう。それで納得がいった。

尾花は鰻屋にしては珍しく予約不可なので列ぶことになり、加えて提供時間もかかるので時間に余裕が必要である。ただ、逆に言えば食べたいと思った日に行けるのが嬉しいところだ。

ふわふわの鰻巻きも出汁と鰻のバランスが良いので、これをつまみながらゆっくりうな重を待つ時間も楽しい。