醤油も担々麺も細麺で繊細な味わい

ラーメン店で、巣鴨の蔦に次いで世界で二番目に星を獲得した店。

ミシュランで評価されたのは、主にこちらの醤油ラーメンのようである。とにかく繊細な味わいで、どーんとパンチの効いたラーメンとは一線を画する。麺の小麦の香りが噛むほどに押し寄せる仕掛けが施されている。

ところで、こちらの名物とされる人気ラーメンは、醤油よりも担々麺であるという印象が強い。

鳴龍に行くぞ、となれば担々麺をイメージする人の方が多いかもしれない。

クリーミーなスープのなかに優しい酸味の効いた味わいがあり、こちらも加水の低い細麺の小麦の香りが引き立っているのだ。

ラーメン店で星を獲得するような店の共通点として、店内の清潔感と接客のホスピタリティも重要視されているように思う。それを強く感じさせてくれる店だ。