肉汁とフォアグラ汁のコラボレーション

フォアグラ入りハンバーグがこの店の代名詞だ。

鉄板焼店でありながら、コースの主軸はフレンチであるのが特徴的なアヒルアザブ。

その証拠にフレンチの技法が使われた前菜や魚料理が高い次元のクオリティで登場する。

チーズの品揃えも素晴らしく、食べ比べできるのが楽しい。

名物フォアグラ入りハンバーグだが、この日は宮崎の都城の和牛サーロインとフィレに、イベリコ豚をブレンドしていた。そこにブロック状のフォアグラが投入される。

ナイフを入れれば肉汁とフォアグラ汁が一緒に飛び出すというわけだ。実にシズル感のある演出。

〆の焼きカレーは、鉄板でサーロインの脂身を焼き上げ、マッシュルームや玉ねぎを合わせて仕上げる香ばしさ抜群の逸品。福神漬けも自家製だ。

ちなみに店名の由来を尋ねると、自分達はまだまだヨチヨチ歩きのひよっ子だが、成長してアヒルを目指したいという気持ちの表れだそう。

デートに、会食に、もってこいだ。