弁護士JOKERは、食の魅力に心を奪われた弁護士です。

日頃から様々な方のお悩みをお聞きしていますが、ほとんどの人にとって「食事の時間」は、最高の癒しの時間ではないでしょうか。

私自身、食に対する感謝の気持ちをもって、日々真摯に業務に取り組んでおります。

 

様々な経営者とお話をする中で、日本の飲食店経営の難しさや職人・シェフの技術の素晴らしさを知る機会がありました。

世界一のレベルである日本の食文化に、もっと光が当たり、職人やシェフがもっと評価されるべきではないかと思いました。

そして、食を通じて幸せになれる人が増えていけば、もっと素晴らしいと思います。

そんな日本の食文化の発展に、ほんの少しだけ貢献できればと思い、飲食店の素晴らしさを伝える活動を始めました。

 

人の「感覚」は十人十色であり、飲食店に絶対的な評価はできないと思います。

その日の気分や体調であったり、誰と一緒に訪問したか、その日何があったか、その日レストランからどのようなサービスを受けたかによっても、そこで得られる感動や味の感覚は異なるように思います。

情報が行き交う現代においては、様々な飲食店の評価ツールがあり、お店選びは容易になっていますので、もちろんそれらを総合的に参考にすることは大切だと思います。

しかし、実際にお店を訪れてみると「周りの評価と自分の感覚が全然異なる」というご経験はないでしょうか。

その意味で「食事」という文化は、個々人の受ける様々な感覚によって形成されているので、絶対的な評価は困難を極めます。

よって、情報のみに頼らず、自身の感覚で評価すること、そして自分が幸せになれるお店を見つけることが最も重要であると考えています。

本サイトでは、あくまで私の個人的な感覚で感動したお店をご紹介していますので、ご参考のツール程度にしていただければ幸いです。

 

JOKERとは、トランプの「切札」を意味します。

自分が感動したお店は、何度も通いたいと思いますし、人を連れて行きたいと思います。

そんな「とっておき」、すなわち「切札」と言えるお店を、皆様それぞれの感覚で見つけることができれば、いずれは常連となり、客と店との信頼関係が構築され、連れてきた人にも幸せが広がり、縁が広がり、日本の食文化が盛り上がり、そして、日本が幸せな気持ちになれるのではないかと思っています。

微力ながら、日本の幸せのために、この名を冠してサイトを始めました。

私自身、決して美食家とは言えません。訪れたお店から日々勉強させていただいています。この勉強は、永遠に終わらないと思います。

食事は自分の血となり肉となります。人生でかけがえのない存在です。

皆様の切札となるお店が見つかりますように。